2010年10月05日

良い部屋の選び方

一人身だろうが、家族持ちだろうが、バツイチだろうが、
引越しする時に一番に気になること言えば
新居のことではないでしょうか?

「お部屋選び」ですね。
良い部屋の選び方というのは引っ越し主それぞれの大事にするポイントが違いますので
一概には言えませんが、内装、部屋の作りなどを重視したいです。

まず第一にやっぱり、収納面です。
「玄関」に靴収納ができるスペースがあるかどうかです。
もし狭いなら靴箱が置けずに最悪の場合、押入れに収納なんてことも・・・。不便です。

最近では、靴収納が備えてある物件もあるのでそういった所を選ぶのもいいと思います。

その次に重視したのが騒音です。
他の住人と生活音のトラブル無くすため鉄筋コンクリートの建物を選ぶほうがいいでしょう。

生活音は下に伝わりやすいので最下層なら人に迷惑をかけにくく、
最上階なら人から迷惑を受けにくいです。

うちの場合、チビがうるさいから迷惑をかける側だから最下階がいいですね。

その他に、角部屋、最上階は外部に直接面している部分が多いので光熱費が高めですが、
他の部屋とは面している部分が少ないので生活音の注意がなくて済むのも事実。

光熱費よりも騒音と日当たりを重視して角部屋狙いがオススメ。
ただ家賃も若干高めですけど・・。

そして、今や絶対条件と言ってもいいのがトイレ浴室の別です。

好みにもよいりますが、一緒がいいという人はそんないなにいんじゃないですかね~kao17



同じカテゴリー(引越し)の記事
 引越し後のあいさつ (2010-09-27 21:24)

Posted by キャリアアドバイザー at 10:15 │引越し